何ができる!?Evernoteの使い方

こんにちは。
暑くなってきましたね!なのにカレンダーを見たらまだ6月という…!
夏本番を想像して干からびそうです。
新陳代謝バツグン!意外と汗っかき野郎!でお馴染みの田中です。こんにちは。

前回Evernoteのご紹介をさせていただいたのですが、今日はその続きです。
具体的にどうやって使うか!?を書いていこうと思います。

※あくまでもぼく個人の使い方なので、もっと便利に活用してる方は逆に教えてくださいお願いします。


メモとして

PAK153130225_TP_V
一番シンプルな使い方ですね。
ふと思いついたアイデア、忘れたくない言葉、買わなきゃいけないものリスト。。。などなど

なんでもメモして残しておけばいいんです!

有料のプラスプラン(¥2,000 / 年)とプレミアムプラン(¥4,000 / 年)なら、いちいちアプリを立ちあげなくても、Evernoteに向けてメールを送るだけでノートに保存できるんです。
メモを残すだけでなく、重要なメールなどの消したくないメールも転送すれば、ずっと保存できますね!

なんでもかんでも写真に撮っておく

160103_035a_TP_V
洗剤やシャンプーでもいいし、プリンタのカートリッジでもなんでも、ずっと使っているものを写真に撮って保存しておきます。
そうすると外出先など、どこからでも確認できて購入時に型番の勘違いもなくなりますよね。
他にも、何かを組み立てる・解体するときにその工程を写真に収めておけば、再度同じような作業をするときに使えます。

また、公共料金や医療費の領収書を写真に撮っておくなんてのもいいんじゃないでしょうか。
年度ごとにまとめておけば、「去年に今頃はどうだったっけな〜」と簡単に確認できますよね。

”何を食べた” ”どこへ行った” ”誰と遊んだ” なんて写真はインスタグラム、Facebookなどの各SNSにアップしたり、GoogleフォトやDropboxなんかの各種クラウドサービスに保存すればいいと思いますが、自分の確認や備忘録としての写真はEvernoteに保存すればいいんじゃないでしょうか。

とにかくなんでもかんでも写真に撮っておきましょう!パシャパシャ!

WEBページや、PCの設定画面などのスクリーンショットを残す

web_clipper
WEBクリッパーの出番です。

WEBページをそのままブックマークとしての保存も、記事だけ抜き出しての保存もできます。
スクリーンショットも撮れる上に、あとで保存したページに注釈をつけてそのまま共有することもできます。

「今度また見たいな」
「誰かに教えてあげたいな」
「この言葉、いい言葉だから残しておきたいな」
そんなこと、ありますよね?ぼくはあります。
そういったページや文章、気になったものはバンバンクリップしちゃいましょう!

またそれ以外にも、PCの設定画面などをスクリーンショットで撮っておけば、初期化したときやPCを買い換えたときなんかに便利ですよね。

PDFファイルやエクセルファイルを入れる

55163e82b3c60f33b04851a438a9f27a
これはぼくは最初に知った時にはかなり驚いたんですが、文章や写真だけでなく、エクセルファイルやPDF、そして音声やZIPファイルまでも保存することができるんです!
すごいですよね!

もう全部突っ込んじゃいましょう!

余談ですが、この画像はEvernoteでささっと作りました。
かかった時間はアイコン画像を探す時間を除けば2分位です。
ぼくはプレミアムプランにしているのですが、画像をPDF化したり、PDFに注釈をつけることもできるんです。
ただ矢印ひいただけだけどな!

名刺管理

MKJ_ryoutedemeishiwowatasu_TP_V
この機能は有料のプレミアム会員限定に機能なんですが、すごいです。
スマホのカメラで名刺を撮影すれば、あとは勝手にスキャンしてデータ化した上に電話帳に登録までできるんです!
すごいですよね!!

いただいた名刺をカードファイルなんかにファイリングして、いざ必要になったときに”どこだっけ??”なんてやっている人にはぜひ使っていただきたい便利な機能ですね。
ただ、日本語読み取りの精度はそこまで高くないので、手作業で修正をしなければいけないんですが。。。

名刺管理アプリはたくさんありますが、それらとの連携なんかはできるんでしょうか?
これから色々と調べて、また詳しく書こうと思います。

ワードとパワーポイントの代わり

SAYA160312170I9A3708_TP_V
どういうことだ!?って思いましたよね。
すっっっごい乱暴に言ってみました。本気で使ってる人からは反感買うかもしれませんので先に謝っておきますごめんなさい


エバーノートは、その名の通り「ノート」なので、自由に書き込めます。
画像を埋め込んだり、見出しをつけたり。

あら!ワードと似たようなことできますよね?
社内の、それも一部のグループで共有するだけとか、そこまでカッチリした文書でなければこれでいいんじゃないでしょうか。
かくいうぼくも最近社内で共有する文書はエバーノートで作っています。
共有するのもURL送るだけでいいから、相手に負担かけないし(わざわざオフィスを開かせなきゃいけない)、添付ファイルではないのでメール送信もあっという間です。

そして、名刺管理に続きプレミアム会員限定なんですが、プレゼンモードなんてものがあるんです。
ほとんどのミーティングは、社内での情報共有が目的のはず。それなら、ワンクリックで自分のノートから手軽にプレゼンができた方が便利ではないでしょうか?
必要な情報を日頃から Evernote に保存しているのならば、PowerPoint 資料を作成する手間も省けます。
PCの全画面表示でも、外部モニタへの出力でも簡単にプレゼンできます。
プレゼンモードでは、マウスのカーソルが軌跡のあるレーザーポインターのように表示されるので、ノートの注目してほしい箇所を指し示すことができます。


十分ワードとパワーポイントの代わりになりますよね?

まとめ

人は忘れていく生き物です。
忘れても困らないようなことは存分に忘れたいんですが(当たり前)、時として忘れちゃいけないことも忘れてしまう事がありますよね。
でもね、忘れりゃいいんですよ。笑

そのためにこういうものを利用すればいいんじゃないでしょうか。
忘れちゃ困ること、忘れてもいいけど覚えてたらいいなぁってこと、全部ここに突っ込んでおいて、
「あんまり覚えがないけど、エバーノート漁ったらあるかな?」
っていう風に使えばいいんじゃないでしょうか。

それから、ぼくは”キレイに”とか”キチンと”使おうなんて全く思っていません。
面倒くさがりで忘れっぽいからコレ使ってるんですから。

そうじゃなかったら細々とファイリングしたり、書類の整理とかキチッとやってます。
面倒くさいからなんでもかんでもまとめて突っ込んで、忘れっぽいから起動して確認するんです。

そんなラフな感じで、自由に使ってみたらどうでしょうか!?

ではまた!
pageup_btn